下手横シューティング

シューティングゲームの支援サイト

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デススマイルズ 攻略6

ボス前の最終エリアです。亡霊ダンサー→大型の敵→亡霊ダンサー…、という敵の出現テーブルを繰り返します。
一部の場面の亡霊ダンサーの攻撃が嫌らしいため、そこだけ覚えましょう。

ssuma84.png
サイクロプスを2体撃破するまではレーザーを何も考えずに撃っているだけでOKです。

ssuma85.png
この後、後ろから亡霊ダンサーが出現するため、意識して早めに倒しましょう。

ssuma87.png
犬が2体出現するところまで、レーザー撃ちっぱなしでOKです。

ssuma88.png
犬撃破後は少しずつ下に下がります。

ssuma89.png
続いて上に少しずつ移動します。

ssuma90.png
邪神像の弾は距離を取って、しっかり見切って避けます。

ssuma111.png
次の亡霊ダンサーはローザをあらかじめ画面右下に置いておき、図のような感じで動きながら抜けます。邪神像が再度出現するため、1回目と同じように避けます。

ssuma93.png
ローザを画面左上に置いておき、少しずつ下へ移動します。

ssuma112.png
その後は図のように右上へ移動すればOKです。



ボス
ジルバ
ティラノサタン

ジルバはノーボムで撃破すると体力回復アイテム(大)を出します。体力を2メモリ分回復できるため、ノーボムで倒せるように練習しましょう。ハイパーの使用はOKです。

ssuma95.png
最初の攻撃はパターン化できません。ハイパーを使用し、ロックショットで撃ち込みながら画面左端で避けます。この攻撃でライフ2メモリ以上被弾してしまうようであれば、ボムの使用も止む無し…、ですが、できる限り頑張って避けましょう。

ssuma97.png
速度の速い弾をばら撒いてきます。画面左上または左下だと弾の間隔が広がり、避けやすくなります。ローザの火力だとこの辺りでボスを撃破できます。


ssuma99.png
ティラノサタン最初の攻撃。弾速が早いため注意。左端でしっかりと避けます。

ssuma100.png
弾の隙間を抜けるのではなく、少し引き付けてから大きく動いて避けます。

ssuma101.png
自機を取り囲むように弾幕を展開してきます。ボスに密着するギリギリまで前進すれば避けられます。

ssuma103.png
大量のキューブが出現し、弾をばら撒いてきます。少し粘ってからボムを撃ちましょう。

ssuma104.png
自機をサーチして魔法陣を出し、魔法陣から弾幕が出されます。一か所にじっとせず、大きく動き回って避けます。無理だと感じたらボムを撃ちましょう。

ssuma105.png
第2形態は画面上部から弾を撃ってきます。ロックショットで撃ち込みながら画面下で避けます。

ssuma106.png
この攻撃が避けにくいため、ボムを撃ちましょう。

ssuma107.png
破壊可能な手と、弾幕で挟み撃ちにされます。ロックショットで手を破壊しながら弾幕を避けるのが正攻法ですが、無理せずボムを撃った方が無難です。

ssuma108.png
最終形態。破壊可能な黄弾と図のような弾をばら撒いてきます。ボスの体当たりに注意しながら画面左下付近で避けます。

ssuma109.png
次の攻撃が来たらボムを撃ち、そのまま密着して倒しましょう。


ラスボス戦の最大の難所はジルバの最初の攻撃になります。ここさえノーボムで抜けられれば、後はボム連打でも何とかなってしまいます。ティラノサタン戦は惜しまずボムを使い切ってしまいましょう。
スポンサーサイト

| デススマイルズ | 11:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撃ちまくりっ!LOVEMAXに参加してきました

10/8に東京ビッグサイトで開催されたCOMIC CITY SPARK12。その中のイベントの1つ、「撃ちまくりっ!LOVEMAX」に参加してきました。

内容はケイブSTG作品のオンリーイベントで、現在好評配信中の「ゴシックは魔法乙女(ゴ魔乙)」を含め、過去の人気作品の関連グッズや同人誌がズラリ。どのサークルさんの作品も愛情たっぷりで、まるでガチャを引く時のように夢中でお金を使ってしまいました。生活費諸々の都合で泣く泣く諦めたものもありましたが、できれば島丸ごと買占めたかったです。

残念ながらイベント会場は撮影禁止だったため、戦利品(の一部)を公開させて頂きます。

s_DSC_0007.jpg
繰り返しになりますが、どの作品もケイブ愛がぎっしりと詰まっていて、読み応え(グッズとしての使い応え)バツグンでした。

s_DSC_0005.jpg
会場ではペーパーラリーが開催されており、物品を購入するともらえるペーパー5枚でくじが引けました。写真のペーパーを頂く際に作家さんと少しだけお話ができ、同人イベントならではの楽しさが感じられました。

s_DSC_0002.jpg
こちらがくじでゲットした景品です。初代エスプガルーダは本サイトで攻略記事を書くくらい大好きなので、感動モノでした。

s_DSC_0006.jpg

s_DSC_0010.jpg
豪華なイラストが詰まった2018年のカレンダーと特典のオリジナルバッグ。これを購入することが今回のイベント参加の最重要課題だったので、無事購入できて良かったです。

s_DSC_0009.jpg
大佐のチョコレート。食べる際は正に恐悦至極。

s_DSC_0011.jpg
ゴ魔乙の同人誌は徐々に増えてきましたが、チョコアートの同人誌というのはかなり珍しいのでは? かなりのハイクオリティで思わず見入ってしまいました。

s_DSC_0012.jpg
怒首領蜂 最大往生メインの同人誌。最大往生中心の物はかなり珍しかったので、こうして描き続けて下さる絵師さんがいるのは嬉しいですね。


コミケはここ最近、何度か参加したことがありましたが、ケイブ作品の同人誌や同人グッズの数はそれほど多くありませんでした。今回、オンリーイベントが開催され、45サークルが参加し、会場の熱気はコミケに負けていなかったと思います。次回があるならぜひまた参加したいですね。

最後に、素敵なイベントを開催してくださった主催者のまめコロッケさん、ならびにスタッフの方々、素晴らしい本やグッズを販売してくださった作家の方々、イベントを間接的に支援してくださったケイブさんに謝意を述べたいと思います。

今回のレポでイベントの楽しさが少しでも伝われば幸いです。

| 雑記 | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。