下手横シューティング

シューティングゲームの支援サイト

2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トリガーハート エグゼリカについて

exe94.png

「トリガーハート エグゼリカ」は2006年にアーケードでリリースされました。システム基板にはSEGAのNAOMIが採用され、当時は美少女が全面に押し出されたシューティングとして注目されていました。

自キャラが美少女ということを除き、基本的にはオーソドックスなショット+ボムの縦シューなのですが、そこに「アンカーシュート」と「V.B.A.S.」という独自のシステムが加わり、他のシューティングと異なるプレイ感覚が味わえます。上級者は敵を次々にキャプチャ→投げつけることでアグレッシブなプレイが楽しめ、初心者は敵をその場で爆破させることで敵をシールド代わりに使うことができます。また、稼いだアイテム数でボス戦の難易度が変わるため、上級者は歯ごたえのあるプレイができ、初心者は易しい難易度で先に進める…。シューティングの高難易度化が叫ばれていた当時のアーケードで、「自分で難易度を決められる」というシステムを採用した本作はもっと評価されていいと思います。

exe3.png
スコア稼ぎ及び敵の速攻破壊に大活躍の「アンカーシュート」。慣れは必要だが、うまく敵をキャプチャして次々と蹴散らしていくのはかなり爽快。

exe92.png
「V.B.A.S.」のおかげで上級者~初心者まで柔軟なプレイが可能。プレイヤーの間口を広げることに成功している。


賛否両論のある「美少女キャラ」ですが、個人的には「有り」だと思います。当時はアーケードでのシューティングのインカムはかなり厳しいものがあり、何かしらプレイヤーの目を引く要素が必要だったからです。

exe93.png
エグゼリカ、クルエルティア、フェインティアの3名を除けばびっくりするほど硬派なシューティングである。良く言えば硬派だが、悪く言えば見た目は地味である…。


プレイしてみれば中々楽しいということが分かるものの、アーケードで最初のコインを入れてもらうというのは大変難しいものです。ましてそれがシューティングであれば尚更です。その最初のハードルを下げるために必要だったのが、エグゼリカ、クルエルティア、フェインティアだった、と管理人は認識しています。

exe95.png

exe96.png


商業的にもかなりヒットしたようで、最初の移植版はドリームキャストの末期であったにも関わらず、一部店舗では即完売。その後XBOX360やPS2に移植されるなど、ユーザーからの支持が窺えます。キャラデザで食わず嫌いをせずに、ぜひプレイして欲しい名作です(個人的には移植度が高いDC版かXBOX360版がオススメ)。
スポンサーサイト

| エグゼリカ | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。