FC2ブログ

下手横シューティング

シューティングゲームの支援サイト

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴシックは魔法乙女 学園編 配信開始!

9/12の大型アップデートで学園編が配信されましたね。かなり新鮮な気分で楽しませてもらっています(´∀`*)

s_Screenshot_2017-09-17-14-25-16.png


主な変更点は…
①STGパートで「ジャラスターモード」が追加。また、従来の主人公である「真少年」と異なる性能を持つ「エリオ」が使用可能になり、「学園編」のストーリーが開始。

②新要素「乙女の学園」が追加。新キャラ5人とコミュニケーションが取れるようになり、ディオール魔法学園でオート戦闘の「試合」が行えるように。

以上の2点です。

「ジャラスターモード」はSTG部分に追加された新ルールで、敵を倒しゲージを貯めると「魔砲」が出現…、
s_maho1.png

「魔砲」を破壊するとフェニックスが敵を一掃し、大量のスコアアイテムをゲットできます。
s_maho2.png

ゲージの管理と「魔砲」の破壊タイミングがかなり重要で、従来のように敵を普通に倒すor炙るだけではハイスコアが取れない仕様になっています。
フェニックスで大量の敵を薙ぎ払えた時はかなり気持ちイイですね。スコアの伸び代もかなり大きく、研究しがいがありそうです。

また、上の写真を見てもらえれば分かるように、真少年と異なり、エリオのマジカルリングは縦に細長くなっています。このマジカルリングの仕様と「魔砲」システムのおかげで一部のショットが弱体化、または強化されています。個人的にはあまり利用機会の無かったトレースビームが輝き出したのが嬉しいですね。他のショットも現在は玉石混淆の状態で、今後の研究と敵配置次第で利用価値が大きく変わりそうで、非常に楽しみです。

ストーリーにもかなり大きく力が入っており、ドラマパートはフルボイス+イベント専用の一枚絵の追加という凝りっぷり。
s_Screenshot_2017-09-17-15-19-38.png
イベント絵の追加はすごくいいですね。ストーリーに躍動感が出てグッと惹き込まれます。できれば本編の第2章にも採用して欲しいです。後輩たちがどのように活躍するのかも気になります。


「乙女の学園」では新キャラの後輩たちとコミュニケーションが楽しめます。
s1.png
メニュー画面からして賑やかですね。キャラがヌルヌルと細かく動き、常におしゃべりしてくれます。個人的には眺めているだけでも楽しいです。

s_Screenshot_2017-09-17-10-04-09.png
キャラを選ぶと「ランチ」、「でこピタ」、「会話」が楽しめます。バリエーションが豊富で、キャラクターと仲良くなっている実感が味わえます。

s_s_s2.png
学園編の「試合」。オートで戦闘が進み、勝敗によってもらえるポイントが変動します。


「ジャラスターモード」と後輩とのコミュニケーションパート、新ストーリーはかなりいい出来だと感じました。スマホでこのクオリティのゲームが遊べる点については、文句の付けようがありません。

惜しむらくはオート戦闘の「試合」でしょうか。STGをガッツリ遊んだ後の箸休め的な感じとしてはいいのですが、こちらをメインで遊ぶ人は、あまりにも自分で介入できる余地が無いことにイライラするかもしれません。あまり技術介入の余地を増やしても負担が増えるだけなのですが、何らかのバージョンアップが必要なのでは? と感じました。


「試合」以外についてはかなり良アプデと感じました。いい機会ですので、初心者マスターさんも40連ガチャ等を利用してコツコツとキャラを揃え、楽しくスコアタなどに入ってきて欲しいですね。
スポンサーサイト

| ゴシックは魔法乙女 | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スコアタのススメ~ソシャゲにおける繰り返しプレイについて~

スコア大会(以下スコアタ)はその名の通り、ゴシックは魔法乙女で開催されている、毎週土曜日にスコアを競い合う大会です。プレイヤーはS~Fまでのランクにそれぞれ振り分けられ、同ランク内での順位、全国のプレイヤー間の順位でハイスコアを狙います。平日限定で開催されている「エーテルスコア大会」もありますが、今回は土曜日のスコアタについて書いていきます。

s_Screenshot_2017-06-18-10-57-20.png



ゴ魔乙を含むほとんどのソシャゲでは「イベント」が定期的に開催されており、ユーザーはそのイベントに参加することにより、ポイントを貯めたり、アイテムをゲットすることができます。イベントに参加するか否かはユーザーの自由ですが、大抵は魅力的な報酬が用意されているため、参加せざるを得ません。レアな報酬がゲットできることは良いのですが、問題はそのプロセスにあると思います。

s_Screenshot_2017-06-18-10-58-45.png
ソシャゲのイベント。レアキャラや素材をゲットできる絶好の機会だが…


イベント内での特定のステージを、期間中に何十週、何百週とプレイヤーはプレイする(プレイさせられる)ことになります。定期的に新しいイベントが開催されるのはソシャゲの長所ですが、最初は新鮮な気持ちでプレイできても、数週間から一か月近くも同じステージをプレイすることになります。その繰り返しを「正直しんどい」と思っているソシャゲプレイヤーの方は少なくないと思います。

s_Screenshot_2017-06-18-11-00-15.png
期間が長いイベントだと、クリア回数が200や300に達することも珍しくない。これはゴ魔乙に限ったことではないが…。難易度hardやdeathの周回なら楽しいが、easyやnormalで周る方が効率がいい場合は、睡魔との戦いである。



話を戻してゴ魔乙のスコアタですが、スコアタの特性と繰り返し作業が非常にうまくマッチしています。ハイスコアを狙う際は何度も同じステージをプレイして、自分なりの最適解を出していくのですが、常に緊張感を持ってプレイできるため、自分はあまり苦痛を感じることがありません。「どの場面でスキルを使用するか」「別のキャラで編成した方がスコアが伸びるのでは?」「この場面では真少年をこの位置に置いた方が、敵を長時間炙れる」など、色々考える要素が多く、非常に楽しいです。この辺りのバランス調整はさすがCAVE、匠の技です。

s_Screenshot_2017-06-18-11-33-18.png
キャラの編成画面。キャラのショット、相性、魔力、スキル、属性やステージ構成など考える要素が山のようにあり、それらが噛み合った時の喜びは格別である。強ショットだから簡単に上位に入れる、とならないのもゴ魔乙の良い所。

s_Screenshot_2016-12-18-09-36-20.png
へっぽこでも、徐々にスコアが伸びていく過程は楽しいものである。

ソシャゲにおける「繰り返しプレイ」は永遠の課題だと思います。ゴ魔乙もソシャゲである以上、その呪縛からは逃れられないのですが、スコアタは「繰り返しプレイ」に対する解決策の一つだと管理人は感じました。将来、「繰り返しが苦痛にならない繰り返し」が全てのソシャゲに導入されることを願って止みません。

まとめると、ゴ魔乙のスコアタはサイコー! ということなんです。

| ゴシックは魔法乙女 | 10:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ローザミスティカ集め

15000PT集まったので、無事雪華綺晶をゲット。可愛いです。

キ3

今回は宝探しイベントなので、Wショットかファントムを使っています。以前の総選挙イベントでゲットしたシャルドナが、大活躍しています。

みんなローザミスティカを集めるの早いな…。500万個ももうすぐですね。

| ゴシックは魔法乙女 | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ローゼンメイデン コラボ

ゴ2

新規コラボ、すごく楽しみです。ゴシック繋がりで親和性が高いため、5/11のコラボスタートが待ちきれません。

| ゴシックは魔法乙女 | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オススメ ゴシックは魔法乙女 2周年を迎えて 

STGアプリ、「ゴシックは魔法乙女」がリリースされてから約2年が経ちました。管理人もリリース当初から遊んでおり、自分の中での評価も固まってきたため、レビューを書いてみたいと思います。これから遊ぶ人の参考に少しでもなれば…。

ゴ


老舗メーカーが切り開く、本格スマホ向けSTGの新境地
「ゴシックは魔法乙女」、通称「ゴ魔乙」はiOS/Android向けにリリースされている、基本無料の縦スクロールSTGです。2015年4月のサービス開始から徐々に売上を伸ばし、現在は(株)CAVEのメインコンテンツとなるまでの成長を遂げたタイトルです。昔STGが好きだった方、全くSTGをやったことがない方、現在シューターの方、全てのプレイヤーにオススメできる良タイトルです。

本作はCAVEの名作横シュー、「デススマイルズ」のスピンオフ作品です。「デススマイルズ」の詳細については公式サイトや他のレビューを参考にしてもらえれば、と思います。初心者~上級者まで幅広く楽しめる名作として名高い「デススマイルズ」ですが、本作にもその血脈がしっかりと受け継がれています。ヒットタイトルの看板を借りてきた安易なスピンオフではなく、本当の意味で幅広い層に訴求できるSTGタイトルなのです。

APの消費でクエストに参加、イベントやガチャでキャラを収集、強化するといったシステム自体は凡百のソシャゲと何ら変わりませんが、本作の特筆すべき点は徹底的にプレイヤーに配慮したゲームバランスです。

CAVEはアーケードで弾幕STGをリリースしてきたメーカーです。その中には「デススマイルズ」や「怒首領蜂 大復活」のように遊びやすい作品もありましたが、基本的には初心者に気軽に手を出せる、と思わせるような作品は少なかったです。その反省を踏まえてか、本作はSTGを全くプレイしたことがない人も段階的にステップアップできるようになっています。難易度はeasy~deathまで4段階用意されており、easyではほとんど弾が飛んできません。normal、hardと難易度が上がるにつれて弾の密度も上がりますが、自分のペースで遊べるため、心がへし折られにくいのです。「何とか難易度normalをクリアできた! 次はhardで…」と上達を肌で実感できます。なお、本作ではストーリー進行の際は難易度は全く関係なく、easyでも気軽に物語を楽しめるようになってます。この辺りの配慮も非常に素晴らしいです。ですが、難易度がただ低いだけでなく、deathを選べば打ち返し弾の嵐で、弾幕シューターさんも満足の出来になっています。

ゴ2
画像001


ゴ3
画像002
(画像001が難易度easy、画像002が難易度deathのもの。同じステージの同じ場所でもここまで差が出るのである)

また、STGにしては珍しく、キャラに非常に力が入っているのも見逃せません。キャラとの会話イベントやおでかけイベント(おでかけはメインキャラ限定)、ストーリー鑑賞モードが実装されており、CAVEが熱心なシューター層以外も取り込みたいと苦心してきたことが感じられます。実際、本作がSTGデビューというプレイヤーもおり、これを機にSTGの楽しさに目覚めた、という感想がネット上で見かけられます。一シューターとして、管理人もこうした感想が素直に嬉しいです。


ゴ4
画像003(メインキャラ限定ではあるが、好きなキャラとおでかけが楽しめる。おでかけの際の会話のバリエーションも、季節、誕生日、特定のイベントなど非常に多く、こだわりが感じられる)

ソシャゲということで「イベント中に同じステージを何度も回る」「ガチャがキツイ」という欠点も存在しているのですが、多彩なステージのバリエーションや普段大量に配布している聖霊石(ガチャやアイテム購入に必要)のおかげで、改善しつつあると思います。この辺りはこれからの運営に期待したいと思います。

STGの衰退が叫ばれて久しいですが、本作は面白いゲームであればSTGでも売れる、ということを見事に立証した名作です。「スマホでシューティングなんて…」と尻込みしている方にこそ、自信を持ってオススメしたいです。



| ゴシックは魔法乙女 | 14:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。