下手横シューティング

シューティングゲームの支援サイト

≫ EDIT

はじめに

シューティングゲーム(特に2D)の支援がメイン。
いつか復興する時を祈って。
スポンサーサイト

| ゲーム攻略 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

管理人オススメシューティング 東方永夜抄

ゲームが好きな方であれば東方シリーズを知らないことはないでしょうが、一応紹介をば。

東方永夜抄は同人サークル「上海アリス幻樂団」から、2004年にリリースされたシューティングです。CAVE系シューティングと同じく弾幕系ゲームになっており、自機の小さい当たり判定で、敵の嵐のような攻撃を掻い潜ることができます。

本作に限らず、東方シリーズの素晴らしい点が「難易度を選べる」ということ。難易度イージーでもクリアさえすれば、誰でもストーリーを鑑賞することが可能です。難易度ルナティックにすれば鬼畜弾幕まっしぐら。

eiya5.png

eiya4.png
同じボスの同じ攻撃ですが、イージーとルナティックでここまで難易度が変わります。


このおかげで、とりあえず軽くプレイしてみたいというライト層と、がっつりシューティングを楽しみたいという上級者が共存することが可能になっています。こちらのサイト様で素晴らしい攻略が公開されているため、プレイされる方はぜひ見て頂きたいです。

本作には被弾後にミスを無かったことにできる「喰らいボム」や、特定のボスの攻撃を練習できる「スペルプラクティス」が搭載されているのに加え、ゲーム全体の難易度も比較的低めです。PS2版のエスプガルーダと同じく、弾幕シューティングの入門用としてはベストな作品です。

s_eiya1.png
シューティングでは比較的珍しいシステム。例え被弾しても…

s_eiya2.png
素早くボムボタンを押すことでミスが帳消しになります。ボムをうまく発動できない初心者の方でも安心。

eiya6.png
苦手なボスの攻撃も、「スペルプラクティス」で個別に練習することが可能。初心者、上級者共にサクサク上達できます。


ストーリーやキャラに力が入っているのも特徴で、ステージ中にキャラ同士の掛け合いや細かい演出が入り、見ているだけでも十分楽しいです。登場するキャラクターはどれも魅力的で、東方シリーズの人気を支え続けているのも頷けます。

個人的にもう一つ気に入っているのが、多種多様なキャラを使用可能という点です。登場人物たちがそれぞれペアでチームを組むのですが、その中に「幽々子」、「レミリア」、「紫」などの東方の人気キャラが入っており、自分で操作することが可能です。他の作品でも、主人公である霊夢や魔理沙以外のキャラクターを操作することが可能なものもありますが、ここまで豪華な顔ぶれが揃っている作品は珍しいです。

eiya3.png
魂魄妖夢と西行寺幽々子のペア。ストーリーがしっかりと作られており、普段シューティングを遊ばない人でも楽しめます。

「シューティングは上級者向け」というイメージを覆してくれた東方シリーズの功績は大きいです。2017年現在でもシリーズは展開し続けており、その人気ぶりが窺えます。非常に安い価格で同人ショップなどで購入できるため、未プレイの方はぜひ遊ぶことをオススメしたいです。

| シューティングゲーム全般 | 14:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シューティングの基礎知識 縦シュー弾幕系以外編

だいぶ前にCAVE編をアップしましたが、よく考えると縦シューだと、弾幕系(CAVEや東方シリーズ)とその他にしか分かれませんね…。

①自機の当たり判定が大きめ
弾幕系と異なり、自機の当たり判定がゲーム中の画像そのままです。そのため無茶な弾避けができません。

kyuu.png
究極タイガーより。自機のヘリの大きさがそのまま当たり判定である。

②弾速が速い
序盤のステージはともかく、後半は見てから避けることができない剛速球が飛んできます。「自機を安全な場所に置いてじっとしておく」「弾が来た瞬間にチョン、と動く」などの対策が必要です。この点に関して上級者と初心者の違いは、パターンを知っているかどうかと、そのパターンを正確に実行できるか、ということだけです。

①と②をまとめると、非弾幕系は知識の有無が勝負を分けることが多いです(ガチ避けを求められることもたまにありますが)。ですので、比較的易しめのタイトル(初代ガンバードなど)でしっかり情報を仕入れておけば、クリアできることが多いと言えるでしょう。

| シューティングゲーム基礎知識 | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

刻の大地 クラウドファンディング

皆さんは自分の人生において、大きな影響を受けた漫画やゲームというのはありますか?

管理人は幼少期に祖父に「ドラえもん」を買ってもらい、それが自分の最初の漫画だったため、食い入るように毎日読んでいたのを覚えています。連載初期のシュールなギャグや、連載後半の道徳的かつためになるエピソードなど、今でも大大大好きな漫画です。
dora.png


ゲームだとRPGの「バロック」、STGの「ガンバード」「プロギアの嵐」、ACTの「ロックマン」でしょうか。バロックについては退廃的な世界観や非常に魅力的、かつ難解なキャラクター、ストーリーが普通のRPGしかプレイしていなかった自分にとってあまりにも衝撃的すぎました。さすがにグラフィックは今の物と比べるとショボイのは否めませんが、ストーリーは一見の価値ありですよ。スゴイの一言です。
s_baro.png


で、話を戻しまして、管理人が学生の頃大好きだった「刻の大地」という漫画が、クラウドファンディングを開始していました。この漫画が管理人に大きな影響を与えてくれた漫画の一つなんです。
s_toki.png

「刻の大地」を知らない方のために簡単に説明すると、昔ガンガンという雑誌に連載されていた漫画です。ストーリーは一見すると王道ファンタジー物ですが、「人と魔物の共存」「人間同士の偏見や誤解」といった重めなテーマを扱っています(ギャグ要素やほんわかしたキャラも多いため、読みにくいことはありません)。緻密に張り巡らされた伏線や重厚なストーリーに、管理人は強く惹かれました。

ところが、10巻まで刊行されたところで、作者の夜麻みゆき先生の体調不良を理由に打ち切りとなってしまいました。非常にもったいない…! 当時はかなりショックでした…。

もうこの作品の続きは読めないと諦めていたところ、何とCAMPFIREさんというクラウドファンディングのサイトでプロジェクトが発足していました。作品の完結では無く、書きかけのエピソードの完結とのことですが、それでも凄く嬉しかったです。

まだ刻の大地を読んだことの無い方は、ぜひ一度読んでみて欲しいです。それだけの価値がある名作だと個人的には思っています。もし、この作品が好きになったら、プロジェクトの支援に少しでもお力を貸して頂けるとありがたいです。集まった金額によっては更に続きが読めるかもしれませんし…。

この文章を読んで頂いている方も、きっとお気に入りの漫画やゲームがあると思います。そうした縁は宝物ですので、大切にしてもらえれば、と思います。

| 雑記 | 11:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相互リンク

本サイトと相互リンクして頂いているサイト様です。「ウチのHPと相互リンクしてもいいよ!」という方、お知らせ頂けると嬉しいです。

大人のためのゲーム講座(管理人 まもすけ様)
ゲーム関係、ガジェット関係の密度の濃い情報を発信されています。

| 相互リンク | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT